キャッシングの意味は曖昧?一般的な呼ばれ方の違いから考える

キャッシングとセットになる物

キャッシングと言えばどんな物を想像しますか?お金を借りられる機能という事は比較的有名ですが、それだとどうしてもカードローンの存在と混同しがちです。実際には確かに役目はほとんど同じなのですが、それだとどうして分かれているか不思議ですよね。
(⇒カードローンとキャッシングの違い

一般的な呼ばれ方として分かれているが特に大きな違いは無い、というのが大多数の意見ですが、その中でも一番目立つ違いと言えば、やはりクレジットカードの存在が大きいでしょう。

クレジットカードというのはショッピングにのみ使えるのですが、それだけだといざ現金が必要な時に備える事は出来ません。そこで考案されたのがキャッシング機能一体型のクレジットカードであり、キャッシングの名前を広めた一因とも言えましょう。
(⇒ショッピング枠とは別に備えておきたいクレジットカードのキャッシング枠について

良く使われている名称の分かれ方

クレジットカードをお持ちの方に特に多いのが『クレジットカードと一体型の借り入れ枠がキャッシング、お金を借りる機能のみのカードがカードローン』という見方です。実際のところ、キャッシングとカードローンの明確な違いとしては一番顕著な使われ方であり、そのように認識していても間違いとも言えません。

但し、キャッシングと呼ばれるものが全てクレジットカードに付帯している物というわけでもありません。貸付業者によってはカードキャッシングという名称でカードローンと同等の商品を提供している事もありますし、業者によってまちまちというのが現状です。

従って「キャッシングカードが欲しいけどカードローンって書いているから違う物?」と決めつけるのはよくありません。自分が借り入れたい限度額や金利と相談し、理想的な貸し付けをしている業者から借りる事が、キャッシングの理想であるという事を忘れないようにしましょう。

名称にこだわりすぎないのも大事

名前によって変わる傾向というのもありますが、それでもお金を借り入れるという行動が第一にあるという事を忘れなければ、名前の呼び方に固執する必要性は薄いです。自分が呼びやすく、尚且つ検索しやすいと思った方の呼び方でもいいでしょう。

強いて言うなら、キャッシングというワードの方が消費者金融や信販系の会社を検索しやすい傾向が強いので、参考までに覚えておくといいでしょう。
(⇒消費者金融の特徴

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.