金利は各社様々。返済計画に基づいたキャッシング会社を選ぶのが大切

キャッシングなどでお金を借りると、利息が発生します。その利息の割合を示す数字が金利と呼ばれます。金利は各会社さまざまで、貸金業法及び出資法で定められた20%という上限の金利内で設定されています。この上限を超えた金利を設定しているところは闇金融と呼ばれ、違法な金利と取り立てを行っている可能性が高いので注意しなければなりません。キャッシングを利用する際は、金利の事を念頭に置いて契約するようにしましょう。

一般的にキャッシングの金利は高額になるほど低くなり、借入金額が安いほど金利が高くなるように設定されています。例えば300万円の借入をした場合は3%の金利ですんでも、10万円の借入の場合は18%の金利がつく場合もあります。これはキャッシング会社の安全策とも言って良いでしょう。景気が悪くなり、お金に困った人がキャッシングの利用するようになったのは良いですが、支払いが滞ったり自己破産してしまうケースも相次いでいます。少しでも元本を回収する為に長期での返済には優しく、短期での返済では損をしないような金利の設定になっているのです。

銀行や銀行系のキャッシングでは、消費者金融よりも金利が安く設定されている場合が多いです。その分、審査に時間がかかったり、必要書類が多くなったりする事もあります。逆に金利は少し高いですが、すぐにお金が必要で短期間での返済をする予定がある方には消費者金融系のキャッシングがオススメです。最短で契約して、即日融資も可能だからです。

金利はキャッシング会社側の儲けであり、利用者にとっては支出になります。景気が悪く少しでも出費を減らした方が良い時代になっています。ご自分の目的やニーズに合わせたキャッシング会社を選び、金利を少しでも抑えるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.