申し込みだけでブラックに!?申し込みブラックの存在の定義を知る!

申し込みでもブラックになる?

ブラックリスト、と言えばキャッシングに今まで縁が無かった人でも「返済などが出来なくてお金が借りられなくなった人」とすぐに分かるでしょう。それぐらいに認知が広まっているブラックリストですが、実は正式な金融用語ではありません。
(⇒ブラックリストの正体は事故記録?

そして時折金融関連の質問に対するやり取りでこんな状態になってしまった人を見ます。それは「申し込みを続けていたらブラックリストになってしまった」という方です。ブラックリストが正式な用語では無いゆえに様々な使われ方をされていますが、これは傍目から見てもおかしい状況ですよね。

ですがブラックリストを『申し込んでも全く審査に通らない人』とするならば、申し込みが原因でそうなる可能性はあります。今回はよく使われている単語も元に、その状況を解説いたします。

申し込みブラックにはならないようにしよう

キャッシングの申し込みをしてたら『申し込みブラック』になると言います。申し込みブラックというのはブラックリスト同様に造語であり、伝わる人とそうでない人に分かれてしまいますが、パッと見で状態はすぐに分かりそうですよね。

簡単に説明するなら、申し込みブラックとは申し込みがあまりにも多すぎてブラックリストに近しい状態になってしまった方の事を指します。正確にはブラックリストとはまた違った状態ではありますが、審査に通らない事がブラックリストと相まってこのような呼称になったのでしょう。

確かに同じキャッシング業者に何度も申し込むのはNGですし、他のキャッシング業者に申し込むにしても複数同時の申し込みは控えるべきです。というのもあなたのキャッシング業者への申し込み履歴は信用機関に記録されているので、頻繁な申し込みは「相当お金に困っている」と判断し、返済能力まで疑われてしまいます。
(⇒キャッシングの同時申し込みを控えたいワケ

ゆえに申し込みの時点で審査落ち→次の申し込みを繰り返した結果として、さながらブラックリストのように申し込めなくなったわけですね。この状態になってしまえば最低半年は八方塞がりと言えますので、キャッシング以外での解決法なども考えなくてはいけなくなります。

申し込みは的確に、節度を持って

申し込みに落ちたらしばらく控えた方がいいですが、それでも困っているなら別の業者に一社ずつ丁寧に申し込めば、数件程度は申し込みが行えると言えます。焦っていたとしてもキャッシングの申し込みは的確に、同時にダメだったら節度を考えて諦めるのも大事です。

申し込みブラックと言われる状態には事前にならないように意識すれば、早々はなる事はありません。焦らず出来る事を理解しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.