クレジットカードとキャッシングから選ぶ物

キャッシングベスト3

クレジットカードとキャッシング枠、必要なもので変わる申し込みとは

キャッシングはどちらで用意すべき?

キャッシングと聞けば真っ先に想像するのがクレジットカードに一体化した現金借り入れ機能です。カードローンと比較される場合にも引き合いに出される通り、キャッシングとクレジットカードはセットと考える人はとても多いのです。
(⇒キャッシングとカードローンの違いを比較

とはいえ、キャッシングのみの機能しかないカードも存在しています。期間によって名称がまちまちで混乱しやすいかもしれませんが、借り入れ機能しかないキャッシングカードの場合、カードローンとの大きな違いはそこまで意識しなくてもいいかもしれません。

では違いがあるとされるキャッシングのみのカードとクレジットカードと一緒になったキャッシング枠では、一体どのように違うのか?そしてどちらがいいのかを判断する為に、比較して考えてみましょう。

借り入れのみか買い物もするかで決まる

キャッシング枠というのは総量規制が発生し、そしてそれはクレジットカードのショッピング枠にも発生します。そこだけで考えれば分かる通り、クレジットカード一体型にすると、キャッシング枠というのは必然的に限度額が低くなってきます。
(⇒総量規制を意識したキャッシング選び

その事から、キャッシングのみが目的でクレジットカード自体は使わないなら、キャッシングのみのカード以外に選択肢は無くなります。キャッシング枠欲しさにクレジットカードに申し込んでいる方を時折見かけますが、そんな事をすれば目的の機能を縮小しているに過ぎなくなりますね。

ですが、クレジットカードが使える場所での買い物が多いなら、一体型の方が使い勝手は良くなります。買い物の際にクレジットカードを使う事に抵抗があると言う方ならともかく、ポイント還元などもあるクレジットカードのショッピング枠はとても便利です。さらに二回払いまでなら大抵ショッピング枠の手数料はありませんので、キャッシング枠を使うよりも実質的な負担を減らす事が出来るでしょう。

クレジットカードが必要かどうかを考える

兎にも角にも、クレジットカード自体が欲しくないのにクレジットカード一体型を申し込むのはナンセンスです。まずはクレジットカード自体を使うか使わないかを判断しておき、その結果次第でどちらに申し込むか考えるようにしましょう。

十分はキャッシング枠が欲しいなら、クレジットカードを無理に作る事はありません。クレジットカードを作らないとキャッシング枠も作れない…という勘違いだけはしないようにしておきたいですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.