ブラックリストはどんな意味?知られざる本当の意味を詳しく解説!

よく聞く金融用語

金融関連に関しての知識というのは積極的に関わるか否かで随分細かい部分での差がありますが、生きていく上でキャッシングといった借り入れは、多くの方が少なからず経験する道です。お金は人生にとって欠かせない要素ですので、最低限の知識は自然と見についていても不思議ではないでしょう。

そんな中でもよく聞く用語で一般にも知れ渡っているものと言えば、随分と限られています。よくドラマなどで家族崩壊のきっかけになっている闇金などは演出でよく使われている分、今までキャッシング経験が無い方でも「違法な金融業者」とすぐに合点がいくはずです。
(⇒闇金業者に注意しよう

そして闇金に並ぶ金融用語で、尚且つあまり良いイメージの無い単語と言えば『ブラックリスト』という用語があります。ブラックという部分が闇金と関係がありそうですが、それとは違った意味で危険と言える意味合いがあります。今回はそのブラックリストについてご説明していきます。

ブラックリストの意味合い

ブラックリストというのは、実は正確な金融用語では無かったりします。一般的に常用語として使われていますが、特定の状態を分かりやすく説明する為の造語でもありますので、由緒正しい金融機関はそこまで活発に使う事はありません。『ブラックOK!』などと謳っていればそれこそ闇金業者の可能性が高いでしょう。

では、ブラックリストとはどんな状態なのか?やや専門用語が混じって分かりにくいかもしれませんが、事故記録保持者の方がそう呼ばれていると思えばいいでしょう。この事故記録というのは信用機関などのしかるべき場所に記録されており、キャッシング枠の審査の際に金融機関は必ずと言っていいほどこの情報を参照します。
(⇒キャッシング審査の際に参照される信用機関の情報とは

この事故と呼ばれている内容は、借り入れの返済が滞ってしまったり、破産宣告をしてしまったりした記録の事です。ゆえに返済日が遅れれば記録され、次の借り入れ枠を作る事はもとより、キャッシング枠の自動更新が行われない事も十分考えられます。だからこそキャッシングはまず返済計画を立てておく事が大事ですし、破産宣告を安易に行う事は厳禁なのです。

ブラックリストに載らないのは初歩

正確な金融用語では無い事は最初に説明しましたが、それでも一般の方に内容を説明するのは便利なのがブラックリストという単語です。それを使わせていただくなら、とにかくこのブラックリストに載るという事は、普通に生きていく上で大変不便なのは間違いありません。ここに載らない事は当たり前とも言えるのです。

逆に言えば、借り入れをきちんと返済していれば問題は無いのです。当たり前の事を出来る人なら意識する必要はほぼ無いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.