キャッシング枠数を増やす良い点と悪い点

キャッシングベスト3

増やし過ぎは良くない?キャッシング枠の数が増える事の良し悪しとは

キャッシング枠を増やす

キャッシング枠というのはいつでも使える借り入れの枠を用意する事です。一つでも用意しておけば急な用入りにもほとんど対応する事が可能なので、予め用意しておく事は賢い選択と言えるでしょう。

ですが、時には予想以上の出費などで、今現在自分が所持しているキャッシング枠だけでは足りない、という事が起こる可能性は無いとは言えません。そんな時は一時的な増枠なども出来る事がありますが「いっその事もう一つキャッシング枠を作ろうかな?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

キャッシング枠を複数所持されている方は、実は意外とたくさんいらっしゃいます。初めはキャッシングのみのカードしか持っていなかったという方も、クレジットカード一体型のキャッシング機能を持ち合わせる事になった、という場合があります。そんな場合に備えて、キャッシング枠を複数所持することのメリットとデメリットを理解しておきましょう。

キャッシング枠を複数持つ事のメリットとデメリット

まずメリットとしては、最初にご説明した通り一つの枠のみで対応しきれなかった場合の補助が出来ます。一つで足りなかったからまた作る…という場合では時間がかかりますが、前もって複数所持している事により、大きな額にもスマートに対応が可能です。

そして今やカードで行う事が多いキャッシングですが、カードというのは磁気不良を始めとして、何らかのトラブルで一時的に使えなくなる事があります。そんな時、もう一枚があれば意外と心強いものです。

もちろん良い点だけでは無く、デメリットも存在しています。まず、基本的にすでにキャッシング枠を所持している場合、審査自体が厳しくなってきます。複数の枠を所持しようとしている事は、金融業者側にとって「ちゃんと返してもらえるのか」という不安要素になりえます。さらに総量規制に引っかかるようなら、当然作る事自体不可能です。
(⇒キャッシング枠がすでにある状態での審査の難しさ

また、借り入れを複数箇所から行う事により、金利や返済の手間も増える事は必然です。特に金利の把握が難しくなるのは、キャッシング返済の大きな足かせになります。たくさん借りるという事は返済も大変になるという基本法則は忘れないようにしましょう。

無駄は削るに越したことはない

キャッシング枠を増やすかどうかは本人の意志次第ですが、あまりにも数を増やすという事は、利用時に負担が増えるという事でもあります。大きな枠が欲しいのなら増枠審査を受けるなどして、数を絞った方が最終的には便利に使えるでしょう。
(⇒今あるキャッシングの増枠をしてみよう

キャッシングの限度額を増やす事と数を増やす事は決して同じというわけではありません。自分がより便利に使える方法を常に意識しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.