その解約、本当に必要?キャッシングを解約する理由は明確に!

キャッシングの解約について

基本的にいざという時に備える為に契約するキャッシングにおいてあまりメリットは無いのですが、もちろん不要に感じれば解約は可能です。

解約方法は様々にありますが、電話による窓口での連絡が一番無難で、尚且つその場で素早く利用停止にする事が可能です。インターネットに対応していれば自分でする事も可能ですが、解約などの操作は大事な為、不安なようならやはり電話が無難です。
(⇒キャッシングは電話でも操作できる

最初に申し上げた通りキャッシングにおける解約は勿体無いのが事実ですが、解約する事でのメリットが全く無いというわけでもありません。長い目で見れば必要な解約もありますので、解約による影響などを理解しておきましょう。

キャッシングを解約する事によるメリット

まずまずキャッシングがあるという事は信用機関に記録されています。この借入枠の記録がある意味では曲者とも言え、新たにキャッシングを作る際に、例え利用していなくても借入枠があるだけで、利用していると見なす会社もあります。ゆえに解約してから作る方が基本的に良い条件で作りやすいのです。

同様に、すでに借入枠があるなら、総量規制においてもその総合的な枠を消費している事になります。例えば総量規制で100万までしか作れないとして、一つの枠に100万でまとめたいと思っていても、すでに30万の枠があったらば、70万までしか作れない事になるのです。キャッシング枠は一つにまとめるメリットが大きいので、不要な枠は解約する勇気も必要なのです。
(⇒総量規制を意識したキャッシング作り

そして、すでに複数のキャッシング枠がある場合、不要な枠を整理する事はリスクの低下に繋がります。キャッシングの不正な取得による利用は今も多発しているので、そのリスクを減らす意味でも不要なキャッシングは持たないほうがいいでしょう。最低限のキャッシングだけ持つという事はあらゆる意味でスマートです。

勿体無いは時と場合による

せっかく作ったキャッシングを解約するのは勿体無い、と考えるのは普通ではありますが、使いもしないキャッシングを数だけ増やすのは、リスクの増加だけで便利とは言えません。まずは一つだけ用意してみて、自分がどれだけ使うのは、ある程度の年月にわたって確認してみるといいでしょう。

必要か不要か考える力は、キャッシングにおいても重要です。不要とあらばすんなり処理するのも賢い選択なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.