キャッシング枠は減額可能?意外な使い道も覚えておこう!

場合によっては使うキャッシングの機能

クレジットカードに一体化しているキャッシング機能はここぞという時に頼りになる機能で、クレジットカードが補えない部分をサポートしてくれる便利な機能です。
(⇒キャッシング枠のあるクレジットカードの使い方

もちろんキャッシング単体として使うにもいいですが、中には「とりあえずキャッシング機能を付けたけど、ショッピング枠しか使っていない」という方もいらっしゃいます。ショッピングで事足りるならそれでももちろん問題無いですし、キャッシング枠というのは無理して使う物でも無く、備えとしてずっと置いておくだけでも価値はあります

ですが、クレジットカード一体型のキャッシング枠には減額できる機能があり、枠を完全に0にする事もできます。一見して使わない機能のようにも見えますが、使い道もちゃんとありますので、一応知識として頭の端に置いておくといいでしょう。

キャッシング枠減額で出来る事

キャッシング枠は不正利用に細心の注意を払う必要があり、当然通常のクレジットカードよりもキャッシング枠が付いているカードの方が、紛失時のリスクは増加します。

全く使うつもりが無い場合、この枠を0にしてもらう事で、落としたりした時のリスクが減少するのは事実です。それに0にする事により総量規制にも余裕が出るので、もう一枚金融関係のカードを作る際には検討する価値はあります。
(⇒キャッシングを作る前に総量規制を確認しよう

また、減額は何も0にしないといけないわけではありません。「確かにキャッシング枠があるのは不安だけど、念の為に少しだけ残しておきたい」という方の為に、段階的に減らすシステムもあります。キャッシング枠の最小の枠が10万なので、最低限これだけ残して減額される方も多いのです。

基本的には使わないが一応覚えておこう

クレジットカードのキャッシング枠を希望される方の多くは「いざという時の現金用に」と思って作る方がほとんどです。ゆえに使わないならそれに越した事は無い、と割り切っている方が多いので、0にするメリットはあまり無いのが実情でしょう。

いざという時だけなら少額にしよう、という場合に使う機能なので、万が一過剰だった時のために一応減額できるという事だけ覚えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.