キャッシングはどう作る?私の考えた賢いキャッシング枠用意の法則!

キャッシングを作るならどっち?

キャッシング枠を用意するならクレジットカードと一緒になったキャッシング機能である事が多いですが、もちろんキャッシングのみのカードも存在しています。

単純に考えてしまえば使用用途が多いクレジットカード一体型キャッシングの方が便利に見えますが、それは本当に何も知らない段階での意見です。金融関連について知識をお持ちの方なら、作る前にこの二つのどちらが必要か熟考するのが当然の反応と言えます。

どんな目的でキャッシングを使うのか、どんな局面にて利用するのか…人によって全く変わるのがキャッシング枠ですが、キャッシング機能のみとなれば、そこそこ用途と考え方は固まってきます。今回は私が思う『キャッシング枠が欲しいならクレジットカードを作るかキャッシングのみのカードを作るべきか?』の考えを書いていきたいと思います。キャッシング枠を作る前に是非参考にして下さい。

キャッシングのみが欲しいなら

今回は『キャッシング枠のみ』という事で考えていけば、必然的にキャッシング枠のみのカードを作る事をオススメいたします。もちろん人によってはクレジットカード一体型を勧めるかもしれませんが、私はキャッシング機能が欲しいならキャッシング枠を作るべきだと思うのです。

最大の理由として、クレジットカードに付与されたキャッシング枠は控えめという事があります。基本的にクレジットカードと一緒だと買い物に使うショッピング枠よりもキャッシング枠は少なくなるのがほとんどですので、キャッシング機能のみが欲しいなら無駄が多いのです。

また、クレジットカードの使わないショッピング枠でも、総量規制の対象となるのが困りものです。総量規制というのはキャッシング枠は元より、ショッピング枠や月賦での支払いなど、あらゆる借り入れに関係しているものに制限を与えます。普段からクレジットカードで買い物をしているならともかく、使わない枠でキャッシング枠が制限されるのは辛いですよね。
(⇒総量規制の法則について

そして、金利が高くなりやすいのもいただけません。キャッシングのみだと金利が一桁になる事もある中、クレジットカードのキャッシング枠だと法律で定められた上限に近い金利設定もしばしばです。気軽に使うには辛い値だと言わざるを得ないでしょう。

もしも両方欲しいなら

今回はキャッシング枠のみでの話でしたが、目的がショッピング枠とキャッシング枠なら話は変わります。クレジットカードにキャッシング機能を持たせればいいとお思いかもしれませんが、それだとキャッシング枠が太目の方がいいという方は満足できません。考えられるベストとしては『買い物に困らない程度の限度額にしたクレジットカードに低金利で限度額も十分なキャッシングカードを別々に作る』というのがあります。

この場合、満足のいくキャッシング枠を用意してからクレジットカードを作る方が得策です。両方を満足の行く内容にしたいなら、是非試してみて下さい。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.