キャッシング付クレジットカードを作る前に

キャッシングベスト3

欲しい機能で考える、キャッシング一体型クレジットカード作成の是非

キャッシング一体型クレジットを作る場合の注意

キャッシング機能の中でもとりわけ多いのがクレジットカードと一体化したタイプです。カードローンとの名称を分ける時の呼称としても有名で、この形態がキャッシング、借り入れのみのカードだったらカードローンと呼ばれる事が多いですね。
(⇒カードローンとキャッシングの違い

クレジットカードにキャッシング機能が付く事で一枚でも双方の機能がある為、買い物から借り入れまで使えるようになります。これは汎用性の面において非常に優秀で、クレジットカードを作る際にはキャッシング枠を希望される方が多く、中にはキャッシング目的で契約する方も珍しくはありません。それくらい、このキャッシング一体型クレジットカードというのは人気です。

ですが、このカードはあくまで「普段はショッピング機能を使うけど、現金が急に必要になった場合のみにキャッシングを使う」という方向けです。キャッシングメインで使う事は禁止されていませんし、それでもなかなか便利であるのは事実ですが、キャッシングメインなら少し考えた方が良い側面もあります。

キャッシングがメインなら申し込み前に考える事

まず基本的に、クレジットカードにキャッシング機能を付けるなら、クレジットカード本来の役目でもあるショッピング枠に比べて、キャッシング枠は小さくなる傾向があります。むしろショッピング枠よりも大きいキャッシング枠を備えたクレジットカードというのはほぼ無いと考えてもらっていいでしょう。

これには様々な理由がありますが、一番はやはり総量規制の存在です。キャッシング枠もそうなのですが、基本的にショッピング枠にも総量規制は発生する為、双方を足して総量規制に引っ掛かってないかが確認されます。クレジットカードはショッピングに使う物の為、まずそちらの枠を確保してからキャッシング枠の選定がされます。ゆえに、すでにクレジットカードやキャッシング枠をお持ちの場合、クレジットカード一体型のキャッシング機能には過剰な期待はしない方がいいでしょう。
(⇒キャッシングに関わる総量規制のルールとは?

それに「ショッピング枠は要らないけどキャッシングが欲しい」という場合には、前述の総量規制もあってキャッシング専用のカードを作る方が限度額も高くなりやすいし、金利の面でも当然優遇されます。自分にとって何が一番必要か考えての上で、クレジットカードかキャッシングカードかを判断しましょう。
(⇒金利と限度額はセットで増減する

特化か汎用か役割を決める

普段はクレジットカードで行える買い物ばかりなら一体型の方がいいですし、いざという時の現金の備えがあればいいなら、当然キャッシング枠のみ作る方が便利です。自分にとって役割がまとまっている方がいいか特化している方がいいかを良く考えて、どちらに申し込むべきかを決めましょう。

場合によってはショッピング専用のクレジットカード、借り入れ専門のキャッシング枠を別々に作る事も有効です。総量規制との兼ね合いも意識し、どちらから作るかをよくよく考えてみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.