限度額も無視できない?低金利を目指す前に知っておく限度額との関係

金利の基本的な仕組みを知ろう

キャッシングにおいての低金利は誰もが目指す理想です。他の条件はさておきここだけは見る…という方も多いくらい、実際使うにあたって金利の値は重要です。

なのでキャッシング申し込み前には「できるだけ低金利なキャッシングを契約しよう!」と誰もが思うでしょう。しかし低金利を目指すのは簡単ですが、実際に低金利で借りられるようにするのは、簡単とは言えません。年収や信頼実績など、必要とされることはたくさんあります。
(⇒キャッシングにおける信頼実績で変わる事

そして金利の仕組みに関してはある程度の知識も必要です。知識だけでもいけませんが、何も知らない状態に比べれば低金利に辿り着ける確率は大きく変わります。今回は中でも初歩的、尚且つ大事な金利の法則についてご説明いたします。

金利と限度額の関係

「確かに低金利は欲しいけど借りても大した額じゃないから、限度額はどうでもいい」と考える方はいらっしゃいませんか?確かに限度額よりも金利の方が大事と考える方は多いのですが、限度額を軽んじていては、同時に低金利にもたどり着けなくなるのです。

基本的に金利というのは、限度額と共に条件が良くなっていきます。もっとも少ない枠である10万の場合、おそらく低金利であるという事はありえません。キャッシング業者にもよりますが、当然のように10%は超えている事でしょう。これでは低金利とはさすがに言えませんね。

なぜ限度額が金利にも関係しているかと言いますと、キャッシングというのはたくさん借りてもらう事が、業者側の利益に繋がるのはご存知ですよね。その際に例えば100万の枠でも金利が15%などだったら、満額まで借りれば15万も利息が発生します。これは、決して安い額とは言えませんよね?

つまりは限度額を増やすという事はたくさん借りてもらう事が狙い、つまりはたくさん借りやすい環境を提供することが大事になってきます。つまりは限度額が高ければ金利が安くとも、たくさん借りてくれるなら返済も長くなりやすく、その分低金利でも利益の回収が可能になっているのです。

この事から、金利を下げたいなら同時に限度額を増やす、つまりは上限に近づける努力も必要なのです。結局は低金利を目指すということは、あらゆる面で優れたキャッシング枠を作るという事なのです。

低金利にする事だけが金利の負担を減らす事では無い

そう考えると「低金利に出来ないなら金利の負担を減らせない?」と不安に思うかもしれませんが、一括返済による金利の大幅なカットなど、金利を節約する方法は設定された金利だけが頼りなわけでもありません。やるべき事はどんどんやっていった方がいいのです。
(⇒一括返済でキャッシングの負担から解放

とはいえ、低金利を目指すに越した事もありません。限度額も少ないよりは多いほうが便利ですので、双方とも最高の条件を目指しておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.