キャッシングと似ているフリーローンって?自由に使える二つの違い!

用途自由な資金を調達する方法

急な用入りが発生した場合、自由に使えるお金があるかどうかというのは、非常に大きな違いです。何事も常日頃から用意しておく事で楽になるように、それはお金に関しては特に重要です。そうしたお金に常に事欠くようなら、家計簿をつけるなどして今一度生活を見直してみる事をオススメします。
(⇒家計を見直すキャッシング返済の手立て

とはいえ、用意できるお金に関しても限度があります。そして出費というのは種類によりますが、金額は様々、さらにそれが用意できるお金の枠に収まるとは限りません。そんな時は本来使えるお金とは別の、一時的に自由に使えるお金…キャッシング枠を用意しておくと安心できます。
(⇒自由なタイミングで使えるキャッシング枠の魅力

キャッシング枠というのは、車やマイホームなどにしか使えない専用ローンと違い、用途自由なお金の借り入れ枠を常に所持する事ができます。用途が自由なお金というのは非常に心強く、専用ローンよりも金利や限度額などでやや劣るとされていますが、それでも用途自由の魅力には遠く及びません。

そして用途自由な借り入れはキャッシングだけでは無く、フリーローンという存在もあります。用途が自由な借り入れという点では非常に似通っていますが、その実情は異なります。キャッシングよりもマイナーと言える借り入れ方法ですが、利点もあるので知識として知っておきましょう。

キャッシングとフリーローンの違い

フリーローンというのは用途自由な借り入れというところまでは同じですが、使う段階からは大きく異なります。まずキャッシングの場合は借り入れタイミングは任意なのですが、フリーローンの場合、審査に通過後すぐに希望した金額が振り込まれます。自由な出し入れという方法は出来ないのです。

そして返済が終われば再度使用可能な枠というわけでは無く、もしももう一度フリーローンを使う場合、再び審査を受けて通過する必要があります。正直なところ用途自由な以外はキャッシングに比べて面倒な点が多く、一見して利点が無いようにも見えます。

ですが、返済後は枠が残らないというのはデメリットなだけではありません。金融業者によっては審査の際に借り入れ枠を所持している場合には、実際に利用していなくても『借り入れをしている』という風に見なされる場合があります。これは審査の際に不利になるのです。それにキャッシング枠があれば総量規制の対象にもなりますし、さらに良い借り入れ枠を新たに作る場合には、解約する必要も出てきます。
(⇒キャッシングと総量規制

その点フリーローンは返済し終えれば、枠などは一切残りません。これを利用して「今回はとりあえずお金だけ借りて枠を残さず、もっと良い条件で組めるようになってからキャッシング枠を申し込む」という場合に、わざわざ古い枠を解約する必要がなくなるのです。これはわりと知っておいて損は無いポイントと言えます。

枠を残したくない場合のみに

実際のところ、枠を残したくない時以外でフリーローンから先に申し込むメリットはやや少ないと言わざるを得ません。キャッシング枠をとにかく残すのが嫌という場合でも無い限り、後々役立つキャッシングの方が大幅に使い勝手で上なのです。

借り入れに抵抗が無い方ならば、やはりオススメされるのはキャッシング枠への申し込みです。その点も理解してフリーローンを選択肢に入れる方は入れてみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.