証書貸付はまだ必要?便利なキャッシングと違ったメリットとは

古い借り入れ方法も時には必要

お金を借りるという事にキャッシングが利用されるようになってから、非常に便利な時代になりました。特にカードでキャッシングが行えるようになったのは大きく、私たち一般の方にも借り入れが浸透した要因の一つに数えられています。

昔は借り入れが不便とも言えたのは、やはり貸付方法が面倒だったからとも言われています。お金に困るというのはどんな時代でも無くなる事はありませんが、それでも借りる為の手間が多ければ、安易にお金を借りようとは思わないでしょう。そう考えると、今の時代のキャッシングというのは、便利な反面使い過ぎに注意する必要が出てきたとも言えます。
(⇒キャッシングを使い過ぎない為に心がけたい事

そんな面倒とも言われている昔の借り入れ方法を証書貸付とも言います。面倒と聞くだけで現代では避けられてしまいそうですが、場合によっては頼る価値は十分にあるのです。

キャッシングと証書貸付を使い分けるには

カードによるキャッシングというのは手軽に、そして用意しておく事でいつでも対応できる強みがありますが、最高の条件で借り入れられるようにしない限り金利はやや高めの物が多いと言えます。一昔前はもっと高く、今では高いと言っても実用範囲内に収まっているのですが、金利は安い方が良いというのは誰もが望む事です。
(⇒誰しもが求める手金利を目指すなら

そんな場合に証書貸付なら毎度窓口などで相談し、さらに担保の用意などが必要になるのですが、金利はいずれも控えめな場合が大半です。少なくとも、キャッシングの最低限の枠である10万の時の金利よりは、よっぽど安いでしょう。
(⇒限度額と金利の関係

また、面倒である手続きも裏を返せば役立つと考えられます。というのも最初に書いた通り、今のキャッシングはあまりにも借りやすくて便利な為、自制心に自信が無い方の場合はついつい財布感覚で使ってしまいがちです。そんな時も証書貸付なら手続きまで用意する物や窓口で相談の上決まるといった性質もあり、安易に頼ろうという気はなかなか起きません。自分に自制をさせる意味でも、証書貸付は手続きの大変さが際立ちます。

便利さと手堅さを使い分ける

実際のところ、自制さえ出来ればキャッシングの方が使い勝手を始めとして扱いやすいのですが、手堅く借りられる証書貸付の役目を完全に奪うものでもありません。手続きが面倒な代わりに比較的良い条件で借りられる証書貸付といつでも便利に使えるキャッシングは、場合によって使い分けると一番いいでしょう。

証書貸付は多額のお金を長期的に返す場合に、キャッシングはいつでも用入りに対応できる枠として、双方を上手く使い分けてみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.