総量規制は意識してる?借り過ぎ防止の制度を理解したキャッシング!

キャッシングには自身の収入の把握が必要

キャッシングで枠を作る前に気を付けたい事はたくさんありますが、やはり無理のない返済計画を立てるには、ご自分の収入の把握が不可欠です。年収がキャッシングの金利や限度額に大きく関係するように「これなら生活に支障が出ない」という借入額を知っておきましょう。

とは言え、残念ながらキャッシングを使う方の全てが計画性があるわけではありません。計画性がある方だけならそもそも金融事故は起きにくいはずですし、現代においてもまだ無くならないという事は、やはり無計画に使ってしまう人、自分の収入の限界以上に借りてしまう人がいらっしゃるのです。
事故記録は何故ブラックリストと呼ばれるのか

しかし、そのままにしておけば金融機関としても利益になりませんし、国も身に余る借金で潰れていく人を減らすために、一つの法律を作りました。それが総量規制と呼ばれる存在であり、私達の借り過ぎを防止してくれる制度なのです。

総量規制を予め理解しておこう

借り過ぎて破綻していく人は自制が出来ない方が大半です。それを規制するには借り入れられる限度額を、金融機関毎ではなく、その人毎に設定する必要があります。それが総量規制の大雑把な解釈です。

総量規制というのは『キャッシングなどのお金の借り入れは年収の3分の1までとする』決まりであり、これは一箇所の金融機関では無く、その人の年収と借り入れ限度額の合計で計算されます。例えばその人の総量規制で借りられる限度が100万とした場合、A社から80万の限度額を設けられた後にB社で借入枠を作るとしたら、20万までしか作れない事になるわけです。そしてすでに総量規制いっぱいまで借入枠があるなら、申し込み自体が無駄になります。

また、クレジットカードのショッピング枠もこの借入枠に計上される為、クレジットカードを所持している場合、相対的にキャッシングの枠も狭まる事になります。クレジットカードに付帯したキャッシング機能がショッピング枠よりも小さくなりがちなのは、この影響もあると思っていいでしょう。

多くの借り入れが必要な方にとっては邪魔なように思えるかもしれませんが、無理のない範囲で返せるように設定されたのがこの総量規制です。買い物の際にも高額商品であれば「本当に必要なのか?」など考えるようにして、生活を維持する為に必要なお金以外は簡単に多額のキャッシングを使う事は控える方が無難でしょう。

総量規制の例外もある

基本的には総量規制以上の借り入れをする事自体を考えない方がいいのですが、実は銀行からの借り入れは規制の対象外だったり、住宅ローンなどの一部のローンは計算が違ったりしますので、どうしてもという場合はそれらの方法も検討しておけばいいでしょう。
(⇒銀行融資とキャッシングの差異とは

総量規制は縛りというよりもセーフティくらいの認識を持っておき、借り過ぎない事をまずは意識したキャッシングをしてみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.