金利は下限だけじゃない?場合によって見分けたい金利の変動率

金利は総合的に見る

どのキャッシング業者も自社の最も低い金利の値を前面に押し出して宣伝しているので、基本的に私たちはその最も低い金利にて、どこが一番低金利かを判断する事になります。それはいわゆる下限金利と呼ばれる値で、審査を受けて最高の条件にて借りられる場合の金利となります。

それとは対照的に上限金利…最も高かった場合の金利はそこまで注目されません。それもそのはずで、キャッシング枠を作ろうか検討している方は「これから先、ずっと使える枠が欲しい」と思っているはずなので、一番高い条件で借りる事を想定する人は少ないでしょう。

ですが、下限金利ばかりを見てキャッシング枠を選ぶのはよいとは言えません。この上限金利と下限金利を吟味して選ぶことが、特に初めてキャッシングをされる方には重要なのです。難しそうに聞こえるかもしれませんが、原理は簡単です。

キャッシングの下限と上限の金利を見る

特に初心者の方が上限金利と下限金利を見る事が大事…と先述させていただきましたが、その理由としては信頼実績の有無が関わっています。
(⇒信頼実績で変わる審査

信用実績というのは、利用実績です。初心者の方はこれが初めてのキャッシング枠申し込みという場合も多く、その際には今までの返済実績などが無い事から、最高の条件で借りる事は難しくなります。さらにアルバイトなどのお仕事であったらば、どうしても審査結果が奮いにくくなるでしょう。
(⇒アルバイトでも申し込めるキャッシング枠の注意点

その場合、最も低い金利の値よりも上限…一番高かった場合の金利を参照して選んだ方がいいかもしれません。下限金利が安い場所が上限金利も安いという事は無く、上限がとても安い代わりに下限がイマイチ、その逆もたくさんあります。つまり、自分が一番高い金利で借りないといけないと予想ができた場合、下限金利が安い場所に申し込む事により、上限金利が安い場所に申し込む方が、最初の時点で楽に返済が可能なのです。

そして後から増枠可能ならキャッシングでは無く金利が最初のまま固定だったら、実績や年収などでより良いキャッシングができると判断すれば解約して次のキャッシングを申し込んでもいいでしょう。
(⇒キャッシング解約で出来る事

場合によって下限か上限か申し込み前に決めておこう

このように、一番安かった際の金利ばかりを見て契約すると、思わぬ金利による出費が強いられる事になります。特に「今回だけ使えればいい」という場合には上限か下限になるかを判断しておき、最も安い金利で使うようにしましょう。

長い目で徐々に増枠もしていきたいなら、もちろん下限のみを見据えておいても構いません。自分にとって一番ぴったりなスタイルを探しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 キャッシング一覧から即日審査の優良業者に申込もう![スグ借] All Rights Reserved.